低用量ピルの効果は避妊だけではない!?

 

低用量ピルはエストロゲンという卵胞ホルモンとプロゲステロンという黄体ホルモンが含まれておりその量がとても少ないため飲みやすいピルなのです。

 

毎日1錠ずつ決まった時間に飲み続けることで、ホルモンのバランスが安定して避妊効果が現れます。

 

飲み忘れてしまうと効果が落ちてしまう可能性があるので飲む予定のある人や飲んでいる人は飲み忘れに注意しなくてはなりません。

 

では、低用量ピルは避妊効果があるのはわかったけど月経不順が解消されたり月経痛が軽くなるのはなぜなのでしょうか?

 

その理由は、まず低用量ピルは3週間毎日1錠つず飲み続けた後1週間偽薬を飲むか何も飲まずに過ごします。

 

その休んでいる1週間に血液中のホルモンの濃度が下がります。
下がると同時に子宮内膜が剥がれ、排出されるときに月経のような出血が起こるのです。

 

通常の月経よりも出血量が少ないため貧血にもなりにくいですし、何より痛みがとても少ないので月経痛が重い人はすごく楽になると思います。

 

低用量ピルは3週間分が1セットになっているものや偽薬を含めた4週間分が1セットになっているものもあります。
偽薬は飲み忘れ防止のためのものです。

 

因みにピルを飲む期間を1週間多くしたり少なくすることも可能です。
例えば「旅行があるから生理来てほしくないなぁ~」という時に飲む期間をずらすことで調節が可能になるのです。

 

避妊だけでなく月経不順や月経痛に悩んでいる人にもおすすめです。