低用量ピルと飲み合わせてはいけないものとは?

 

薬によっては飲み合わせてはいけないものが存在するのは皆さんご存知だと思います。

 

併用して飲むことでお互いの効果が喧嘩して本来の効果が無くなってしまったりすることがあるので併用できない薬があるのです。

 

低用量ピルも同じくお薬であるため併用して飲むことが出来ない薬があります。

 

それは副賢皮質ホルモン、テトラサイクリン系ペニシリン系抗生物質、血糖降下剤、抗てんかん剤の一部などです。

 

これは主に医療機関で処方される薬に入っている成分であり、風邪薬などにも含まれていることがあるので、処方を受ける時はピルを飲んでいるということ伝えたほうが良いです。

 

低用量ピルを服用していることを医師に伝えればピルの効果を変えない成分で代用して萌えることもあります。

 

ピルに限ったことではありませんが、常に何か薬を服用している場合は処方を受ける時は必ず医師に伝えましょう。

 

因みにドラッグストアなどで市販されている薬にはピルの効果を弱めるなどといった成分を含む薬はありません。

 

またサプリメントについてですが、ビタミン剤の場合は特に問題はなく、むしろピルと併用して飲むことをおすすめします。

 

しかし、セントジョーンズワートという精神安定の成分が含まれているサプリメントはピルの避妊効果を弱めます。
これはダイエット系のサプリメントやお茶に含まれている場合がありますのでダイエット系のサプリメントを購入する際には成分をチェックしてください。

 

あと薬ではありませんが、低用量ピルを服用中はグレープフルーツを大量に食べるのは避けてください。

 

デザートに食べる程度、居酒屋でグレープフルーツサワーを飲む程度なら大丈夫ですが何個も食べてしまうと薬の効果を強めてしまい、副作用が強く出る可能性があります。

 

以上に注意して上手に服用していきましょう。