低用量ピルってどこで購入できるの?

 

低用量ピルはドラッグストアなどで市販されている薬では無く、購入する際には医師による処方が必要です。

 

主に産婦人科で取り扱っていますが、避妊目的だけでなく他の治療にも使うことができるため小児科、内科、皮膚科、精神科でも取り扱っている医療機関もあります。

 

低用量ピルを購入する際は問診と血圧を測定するだけですが、病院により受診料が違いますのでまずは問い合わせてみましょう。

 

また、保険適用外であり、医療機関によって値段が自由に設定されているため28日分を1シートとして2000円から3000円程度します。

 

受診料と薬代は全額自費負担ですのでお財布と相談する必要がありますね。

 

そして最近では個人輸入をすることで安く購入することもできます。

 

個人輸入っていうと自分で外国のお店に問い合わせてっていうイメージがあるかもしれませんが、実際は業者に頼んで購入するので通販と同じです。

 

個人輸入の場合は、ジェネリック医薬品が多いですので、費用を安く抑えることが出来ます。

 

28日分を1シートとして1000~1500円ほどで、受診料も必要ないですし、通販と変わりないので病院へ行く暇がない人にも便利です。

 

ただ、低用量ピルを服用するのも自己責任であり、商品が到着するのに時間がかかってしまうため間が空くことのないように計画的に購入しなくてはなりません。

 

はじめての人は病院へ、慣れている人は個人輸入で購入するのがいいと思います。