低用量ピルで不正出血

 

私は低用量ピルを飲み始めて2年になります。その事を友人に話すと、「不正出血があるんでしょ?」と質問され、そういう認識の方もいるのだと思いました。女性にとって不正出血って本当に怖いですよね。何か婦人科系の病気になってしまったのかと疑ってしまいます。血が出るというのがとにかく怖いのです。

 

まず、低用量ピルでも確かに出血は起こります。しかし、これは不正出血とは違い、ちゃんと理由があるのです。まず、ピルは3週間飲んで1週間休むというサイクルで飲み続けていきます。そして、出血が起こるのはこの安いんでいる最中です。ずっと飲んでいる間というのは、血液中のホルモン濃度が上がります。しかし、休むと今度は下がっていきます。それに伴い、子宮内の子宮内膜がはがれるという現象が起こります。そして、そのはがれた子宮内膜は出血という形で排出されるのです。

 

通常の月経よりも量も少ないですし、あの辛い月経痛もありません。人によっては若干の痛みも伴うそうですが、私はほとんどありません。
このように、低用量ピルの出血は不正出血ではないので安心して下さいね。むしろ、血中のホルモン濃度がしっかりサイクルを起こしている何よりの証拠なのです。