病院で購入できる低用量ピル

 

ピルには様々なメーカーから様々な種類が発売されています。 低用量ピルには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンが含まれています。「低」用量ピルはエストロゲンの含有量が50μg以下のものを指します。

 

エストロゲンは排卵をうながすホルモンで、美肌など女性らしさをサポートする働きがあります。 黄体ホルモンはプロゲステロンともいい、子宮の内膜に働きかけて、受精、妊娠の準備をするホルモンです。

 

黄体ホルモンには、「ノルエチステロン」、「デソゲストレル」、「レボノルゲストレル」、「ドロスピレノン」という化学構造の若干異なる4種類があります。

 

含まれている黄体ホルモンの種類によって、「第1世代」、「第2世代」、「第3世代」という分け方をされます。

 

日本で発売されている低用量ピルはこの2種類のホルモンを配合しています。 また、エストロゲンとプロゲステロンの配合剤である低用量ピルには、現在二つのタイプのものがあります。1相性ピルと段階型ピルです。

 

1相性ピルとは、一定量のエストロゲンと一定量のプロゲストーゲンよりなるもので、21錠のピルを飲み続け、その後7日間の休薬期間をおき、これを1周期として繰り返す方法です。

 

中には、7日間の休薬期間中に鉄剤やビタミン剤からなる偽薬を入れ、合計28錠を服用し続けるものもあります。

 

そして、2相性とか3相性ピルのことを段階型ピルといいます。 これは1周期中のエストロゲンとプロゲストーゲンの用量を2相あるいは3相に変化させて、全体として、ホルモン用量を減量したものです。

 

1相性ピルは21錠すべてが同じホルモン配合比であるために、飲み間違いがないというメリットがあります。

 

段階型ピルは、ホルモン配合比を生理的なホルモンの動きに近づけていますので、女性の体にやさしいピルです。

 

日本国内で販売されている低用量ピルは以下のものです。

 

  • トリキュラー28、トリキュラー21
  • アンジュ28、アンジュ21
  • ラベルフィーユ28、ラベルフィーユ21

これらは、自然なホルモン分泌パターンに似せて薬の総含有量を低く抑えている段階型三相性の低用量ピルで、卵胞ホルモン(エストロゲン)配合量は21~28日間一定ですが、黄体ホルモン(プロゲストーゲン)の配合量が6日→5日→10日と3段階に多くなります。3相性にすることで、ホルモン総量が少なくなっています。

 

 

  • マーベロン28、マーベロン21
  • ファボワール

これらは、用量が1段階の1相性で、21~28錠すべて成分比が同じです。したがって、飲み方が単純で飲み間違いの心配もありません。

 

また、黄体ホルモン薬として、第3世代のデソゲストレル(DSG)( 黄体ホルモン活性および子宮内膜活性が強く、不正出血を起こしにくい。相対的に、男性ホルモン様作用が弱いので、ニキビや脂漏を生じることも少ない)が配合されている点も特徴です。

 

 

 

  • オーソM、オーソ777
  • シンフェーズ

用量が1種類で飲み方が簡単な1相性ピルのほか、自然なホルモン分泌パターンに近づけた2相性ピルや3相性ピルがあります。

 

 

 

このように、かなり種類があります。

 

これらすべての低用量ピルは同様の避妊効果を持っていますが、飲み方や特徴が少しずつ違っています。 低用量ピルはその人のホルモンの状態で体に合うもの、合わない物、効果の出やすいもの、出にくいものなどがあるからです。

 

何種類もあれば、一種類の低用量ピルが合わなくてもその他の種類のピルで効果を出すことができるのです。

 

病院によって取り扱い薬品は異なりますが、これらの中で自分に合ったピルを処方してもらいます。