低用量ピル効果(避妊に関して)

低用量ピルはエストロゲンとプロゲステロン類似ホルモンを含んでいます。

 

ピルを服用すると、それらのホルモンの働きにより脳下垂体は「妊娠した」と感知します。この結果、排卵を促す際に必須である黄体化ホルモン(LH)の分泌が抑制されます。卵巣は排卵する必要が無くなり、休眠した状態になります。

 

ピルの服用を中止すれば、脳下垂体は「妊娠状態が終了した」と、感知し、再び卵巣を刺激して排卵を促します。

 

毎日一回服用することにより排卵を抑制し、子宮内膜の増殖も抑えます。低用量ピルには、コンドームよりも高い避妊効果があります。

 

正しく服用すれば、ほぼ100%確実に避妊できます。低用量ピルは最も確実で安全性が高く、望まない妊娠を防ぎます。

 

低用量ピルの効果(避妊以外に関して)

 

低用量ピルは、もともと避妊のために開発されたものですが、現在では、月経痛を楽にし、月経を順調にし、体調とメンタル面を安定させるなどの効果もあります。

 

生理痛や生理不順の改善

 

ホルモンバランスの調整し、生理痛の軽減、生理不順の改善をします。

 

美肌効果

 

低用量ピルに含まれるエストラジオール(女性ホルモン)によってヒアルロン酸が増加し、お肌に潤いを与えます。

 

また、ホルモンバランスを整えることにより大人ニキビを防ぐことができます。

 

多毛症の改善

 

ピルの中でも男性ホルモン作用を含まない種類を服用することで体毛などが薄くなるといった効果もあります。

 

月経に関する効果

 

月経周期が規則的になり調節が可能になる。

 

月経痛や生理前にありがちなイライラ、ゆううつ。

 

体や頭がだるい、重いなど月経前になると起こる症状はPMS(月経前症候群)の緩和。 月経量の減少と貧血の改善にも効果があります。

 

排卵の制御し良性疾患、悪性腫瘍の防止する

 

排卵通の軽減や卵巣ガン、子宮体ガンの減少。

 

子宮内膜症の減少と軽減、卵巣のう腫の減少や良性乳房疾患を減少させる働きがあります。

 

その他に、骨盤内感染症の低下、更年期障害を経験しないで済むことや性交のスムーズ性、膣炎の予防と治療にも効果をあらわします。