低用量ピルとはどんなものなの

 

低用量ピルは、もともと避妊のために開発されたものですが、現在では、月経痛を楽にし、月経を順調にし、体調とメンタル面を安定させ、お肌をきれいにする便利なツールとして活用されています。

 

低用量ピルには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)というふたつの女性ホルモンが、最初からバランスよく含まれています。

 

低用量とは、「ホルモン量がとても少ない」という意味で、飲みやすく、安全性も確立されているので、特別な大きな病気(心筋梗塞や血栓症など)がなければ、誰でも安心して飲める薬です。

 

1日1錠ずつピルを飲み続けることによって、体のなかの女性ホルモンのバランスが徐々に安定していきます。

 

ピルを飲んでいる間は、排卵はお休みしており、女性ホルモンの大きな変動もなくなるので、安定した体調ですごせるようになります。

 

低用量ピルの飲み方

 

3週間ピルをのみ、1週間はピルをお休みします。

 

ただ、お休みと言っても、再開した時に飲み忘れがないように、お休みの間はプラゼボという、偽の薬を飲むようにセットされているピルもあります。

 

ピルをお休みしている間は血液中のホルモン濃度は下がり、それにともなって子宮内にためられていた子宮内膜がはがれ、静かに排出されます。

 

そして月経のような出血が起こります。これはふだんの月経よりも量も少なく、痛みもとても少なくなります。

 

ピルをのむ期間を3週間ではなく2週間、あるいは4週間にして、その後プラセボに入ることもできます。 そうすることにより、旅行や出張などの予定とあたるときには、自分で月経をずらすなど、月経調節も可能になります。