低用量ピルが服用出来ない人っているの?

 

調剤薬局に行った時に、初めて訪れる場合はアンケートのようなものを書かなくてはいけません。

 

その理由は医師から処方された薬をその人が飲んでも大丈夫なのか確かめるためなのですが、低用量ピルも薬であるため服用出来ない人がいます。

 

まず1日に15本以上タバコを吸うヘビースモーカーです。
特に35歳以上ですと、狭心症や心筋梗塞の危険性がありますので服用することは認められません。

 

どうしても低用量ピルを服用したいのであれば、禁煙または減塩をすることが条件となっています。

 

また、糖尿病や高脂血症の人は血栓症を起こす恐れがあります。
以前血栓症と心筋梗塞になった経験のある人も血栓症の再発のリスクが高くなりますので服用できません。

 

もちろん重度の高血圧の人も、心血管系の病気にかかってしまうリスクが高いため服用できません。

 

乳がん、子宮体がん、子宮筋腫、子宮頸がんの人、肺に障害がある人、肺に腫瘍がある人なども症状が悪化する恐れがあるので服用が認められていません。

 

また、低用量ピルは女性に嬉しい効果のある薬ではありますが、妊娠中または妊娠の可能性のある人や授乳中の人は絶対に服用しないようにしてください。

 

安全性が確認されておらず、母子ともに身体になんらかの影響が出てしまう可能性があります。

 

何か内蔵や血管に持病のある人などは、まず服用をする前に医師に相談するようにしてください。